海外で野宿していた僕の周りで起きた、嘘のようなホントの保険にまつわる事件、事故まとめ

こんにちは、海外でよくトラブルに巻き込まれる者です。

 

私は海外で生活していて「保険なんて入らなくてもなんとかなるだろ」と思っていた派なのですが、海外での事故、事件、怪我、病気など大きいものから小さいものまで合わせると保険を使うシーンは思ったより多いです。

 

実際、私自身、海外で旅をしている最中に、20万円近い一眼レフを盗まれたり、友人が怪我をして救急車を呼んだことがあります。

 

しかし、海外にきた時、保険を使うような場面に出くわすなんて微塵も想像していませんでした。考えるわけありません。万が一のためのものですからね。

 

ここでは、【オーストラリアで旅をしながら生活をしていた私の周りで起きた、保険にまつわる事件や事故の話】をまとめました。この話を全部読んだら、保険に入らないという強者はいなくなるんじゃないか…?

 

あなたが旅行の保険の大切さに気づいていなかったら、ぜひご参考ください。

 

海外で私の周りで遭遇した本当にあった事件、事故

一つの見出しで1記事かける量なので、それぞれ別リンクで詳細を書いています。概要を載せているので、気になる話があったら読んでいってください。

 

友達のスマホをプールに投げて破壊した友達

紹介する話の中では一番あっさりしている話ですが、酔っぱらって友達の服を脱がし、バッパー(旅人が宿泊する施設)に併設されたプールにスマホごとハーフパンツを放り投げた友達の話です。当時、最新のiPhoneが届いて1週間しか経っていなかったとのこと…。

あわせて読みたい
海外で友達のケータイを破壊して保険金がおりた話【オーストラリアで旅をしながら生活をしていた私の周りで起きた、保険にまつわる事件や事故の話】の中で、友達のスマホを壊した人の話を紹介しま...

 

酔っぱらって階段から転げ落ちて救急車を呼んだ友達

同バッパーにて、イケイケの学生君が酔っぱらって2階の階段から転げ落ちて意識を失い、救急車を呼んだ話です。私も救急者に同乗しましたが、緊張しましたよ。若い子を旅させる親御さん、ちゃんと見たってください。

あわせて読みたい
オーストラリアで救急車を頼んで30万円かかった【旅行保険にまつわる話】【オーストラリアで旅をしながら生活をしていた私の周りで起きた、保険にまつわる事件や事故の話】の中で、階段から転げ落ちて救急車を呼んだら3...

 

山に一人で遭難して救急ヘリを呼んだ友達

私が片田舎のバナナファームで働いていた時のことです。韓国人の女の子がファームに仕事に来ていないことが発覚し、行方を捜索しに救急ヘリまで出動する事態に発展しました。最後の連絡が、地元で有名な山の上で撮った写真をSNSで友達に向けて投稿した写真で、それから4日が経っていました。彼女の生死はいかに。

あわせて読みたい
海外の山で遭難、支払い能力がないと救急ヘリを要請できない【旅行保険にまつわる話】【オーストラリアで旅をしながら生活をしていた私の周りで起きた、保険にまつわる事件や事故の話】の中で、海外の山で遭難して救援ヘリを要請した...

 

ロードトリップ中車上荒らしに遭った私

実は私自身、盗難に一回、グループで旅をしている最中に車上荒らしに一回遭遇しています。

 

盗難に遭ったのは上記でお話した例の山で、一人ハイキングから戻ってきた時に公園で寝ていたら一眼レフカメラが無くなっていたこと。車上荒らしは、ロードトリップ中に泊まらせてもらっていた友人の家で、物音がしたと思ったので外に出たら、友達の車がまさに盗まれる寸前だったという事件です。

あわせて読みたい
海外で遭った盗難・車上荒らし【旅行保険にまつわる話】オーストラリアで旅をしながら生活をしていた私の周りで起きた、保険にまつわる事件や事故の話の中で、【実際に私が遭遇した盗難と車上荒らしの話...

 

オーバードーズでぶっ倒れたのに病院に行かなかった友達

最後に参考になるかわかりませんが、オーバードラッグで倒れた友達が、「保険に入っていないから」という理由で救急車を呼ばなかったことがありました。無茶苦茶です。これを読んでいるあなたには無縁の世界であることを祈ります。

あわせて読みたい
オーバードーズで倒れたのに救急車を呼べなかった友達の話【旅行保険にまつわる話】ドラッグの過剰摂取で倒れたのに、無保険だったために病院に行けなかった人の話。...

 

海外での事故、盗難、怪我の発生

海外を旅していて、改めて日本の安全さを感じます。2年間オーストラリアでの生活を経て、海外では事件も事故も割と近くに潜んでいると感じました。

 

ジェイアイ傷害火災保険によると、2017年度海外旅行保険事故データによると、海外での事故は3.4%だったそうです。およそ29人に1人が保険の対象になるということです。発生しても申請していないケースも考えられるので、実質はもっと高い割合でしょう。

http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=82627

 

29人に1人というと、少ないでしょうか?学校で旅行に行ったらクラスに一人は何かしらに巻き込まれることになります。

 

海外旅行での万が一に備えよう

保険は、使う場面に遭遇しないことが一番良いことです。しかし、何が起きるかわからない海外では、加入していることで安心して旅ができることは間違いありません。

 

海外では、救急車や救急ヘリ等、私たちの感覚で「誰もが無料で」呼べると考えるものは、お金を払わなければならないケースが多いです。

 

私がオーストラリアでロードトリップをしていた時に、2,000kmもの間一切街がない道を走ることもありました。こんなときに、「もし万が一」が起きたらと言うことを考えると、保険なしではあの旅は楽しめなかったでしょう。

 

万が一に備えることも大切ですし、たとえ万が一に遭遇しなくとも余計な心配や不安から解放されて、旅を思う存分楽しめるのも保険があるおかげだと思います。

 

海外旅行にはクレジットカードがオススメ!

 

海外に短期の旅行であれば、クレジットカードを持っていくことをオススメします。

 

クレジットカードのメリット1.付与される海外保険

海外保険に加入していなくても、クレジットカードに付与されている場合があります。出国日から60日、90日が一般的なので、留学や長期ビザでなければ、海外保険に入らなくともクレジットカードで補償を十分まかなえるケースがほとんどです。

 

クレジットカードのメリット2.海外キャッシングができる

海外では日本のお金を両替することが一般的だと思いますが、Master Card、Visaカード、 JCBカードなど、ATMに対応するマークがあれば海外でのキャッシングが可能です。

 

現金を持ち歩くのは割と怖い場所もあるので、なるべく日本円を大金持ち歩かずに、その場で資金調達することもできるので便利です。

 

クレジットカードのメリット3.ショッピング保険と旅行の相性が良い

ショッピング保険とはクレジットカードで購入した商品が破損・盗難にあった場合に適用される保険ですが、これが海外旅行との相性が良いです。

 

例えば、旅行に持っていくのに買ったカメラが現地で壊れてしまった場合や、逆に海外でお土産に買ったものが盗まれてしまってケースなどで、クレジットカードで支払いをしていればショッピング保険が適用になる場合があります。

 

以外と気づかずに泣き寝入りする人は多く、私も今思えばあれはショッピング保険の適用になったなということはあるので、ぜひ使ってみてください。

 

住信SBIネット銀行 ミライノカードがオススメ!

 

持つだけでご家族まで保証する海外・国内旅行保険付帯のミライノカードがオススメです。

 

年会費3,000円で、最高5,000万円まで(ご家族は最高1,000万円まで)の補償がついていているのは安心ですし、個人的には携行品損害が最高50万円(ご家族は最高25万円)まで補償されるのは手厚いです。

 

旅行先での物の破損や盗難は起きやすいし、起きた時に体のことでないだけに諦めざるを得ないけど、地味に買い直すと高くて悲しい思いをする人は少なくありません。

 

ショッピング保険も付与されているので、海外での物品の購入をした時も安心してお家まで持ち帰れます。

 

公式ホームページに詳しく載っているので、よかったら見てみてくださいね!

 

お申し込み公式ページ

他の記事も、海外で起きた事件、事故をまとめているので読んでみてください。