海外長期滞在者が語る、ワーホリ渡航前のオススメサービスまとめ【英語、お金、宿泊】

How’s it going? 私(@wing_log)です。

ワーキングホリデー(以下ワーホリ)では、仕事に英語学習に、旅行にと、自分がしたいことになんでも挑戦できます。

この記事では、海外に長期滞在した私が【ワーキングホリデーに行く前に試してみるべきオススメのサービス】をまとめたのでご参考ください。

ワーホリをしに行く人がつきまとう悩みのほとんどは、

☑️ お金

☑️ 英語

☑️ 宿泊

です。これらの悩みを解決できればワーホリ生活は充実したものになるでしょう。

そしてその悩みを解決できるサービスは以下です。

ワーホリオススメサービス

☑️ 海外に行く前に日本で英語を勉強しながらお金を貯めよう リゾバ.com

☑️ 留学ワーキングホリデーサポート Global Dive

☑️ どこでも英語を勉強する習慣を! スタディサプリ ENGLISH

☑️ 留学しなくてもアウトプットができるオンライン英会話 レアジョブ本気塾

☑️ 新生の短期集中英語コンサルティング PROGRIT

☑️ ストイックなあなたに!払ったお金に見合う成果が。【30日間全額返金】ライザップイングリッシュ

☑️ 留学の時間とお金があるなら、コスパ抜群のフィリピン政府公式認定 語学学校NILS

☑️ お得に宿泊予約、海外保険もついている Booking.comカード

☑️ 世界最大の宿泊予約サイト Booking.com

詳しく説明していきますので、ワーホリに行く前にお金、英語、宿泊に関してちょっとでも不安があったら参考にしてみてください。

 

ワーホリに行く前にリゾートバイトで資金を稼ぐ! リゾバ.com

働きながら英語の勉強をしたい。という方にはリゾートバイトがおすすめ。リゾバ.comでは日本各地のリゾート地を選んで、外国人観光客を相手にできる仕事を紹介しているサービスです。

リゾバ.com

☑️ 仕事の場所が日本。

☑️ 住み込みで働けるので貯金がしやすい。

☑️ 英語を話すお客さんを相手にできる。

☑️ リゾート地が職場なので、趣味を満喫しながら働ける。

 

ワーキングホリデーエージェントに相談しよう!独自の仕組みを持っている Global Dive

留学ワーキングホリデーサポート【Global Dive】では、一般的な語学学校を紹介するだけのエージェントではなく、ワーホリに参加する国以外での国で仕事をし、お金を貯め、0円でも留学ができる仕組みがあります。

独特で面白いワーホリエージェントなので、のぞいてみてはいかがでしょう。

 

留学ワーキングホリデーサポート【Global Dive】

☑️ 相談は基本的に無料なエージェントが多い。

☑️ 語学学校の情報をたくさん知ることができる。

☑️ 現地での生活が安定するまでサポートしてくれる。

☑️ 同じような考えの人と知り合うことができる。

 

ワーホリに向けて隙間時間に英語の学習を。スタディサプリ

仕事を辞めてからワーホリに行くという人はギリギリまで仕事をするという場合もあるかもしれませんが、現地で効率よく英語を身につけるために、日本にいる間から勉強をする癖をつけておくと良いでしょう。

【スタディサプリ ENGLISH】はPC、スマホ両方で学習を進められるサービスです。

【スタディサプリ ENGLISH】

☑️ どこでも勉強ができる。

☑️ スマホで勉強ができるので旅に教材を持ち歩く必要がない、

☑️ リスニング・スピーキングの練習もできる。本の教材にはない良さがある。

☑️ TOEIC やIerts などの試験対策から、日常英会話まで目的にあった勉強ができる。

☑️ 1週間のお試しプログラムがある。

 

日本で留学? オンライン英会話レアジョブ本気塾

日本にいる間は英語をアウトプットする機会が極端に少ないと思いますが、オンライン英会話【レアジョブ本気塾】であれば受講回数無制限でどんどんスピーキングの練習ができるので、時間がないけど本気で勉強したいという人におすすめです。

【レアジョブ本気塾】


☑️ オンライン英会話で場所を気にせずスピーキングの練習ができる。

☑️ 留学に比べ安い。

☑️ 専属トレーナーがついてくれる

☑️ 無料体験できる。

新生の英語コンサル PROGRIT

英語の「コンサル」として最近勢いを伸ばしてきている【PROGRIT】では、短期集中で使える英語を伸ばすことに特化したサービスです。

筆者の知り合いにこの会社に勤務している人と話しましたが、【PROGRIT】を利用している人は本気の人が多く、早朝起きてからシャドーイングの練習、通勤はリスニング、仕事が終わったら就寝まで勉強するという「ガチの人」が多いそうです。

☑️ 学習の環境が日本。

☑️ 英語のコンサルティング。あなたの目的にあった提案をしてくれる。

☑️ 本気の人をサポート。

☑️ 社長がリクルート出身という「リクルートらしさ」を感じる働く人も利用者もアツいサービス。

信頼のライザップブランド、英語学習も筋トレと考え方は一緒!?ライザップイングリッシュ

利用費用が3ヶ月40万オーバーという、フィリピン留学よりも高いライザップイングリッシュですが、カスタムメイドプログラム、高速レスポンス特化型トレーニング、オンラインで毎日タスク管理サポートと筋トレや仕事ののような感覚でのめり込むことができるのがライザップイングリッシュです。

「続けられるかな?」と不安の人のために、ライザップイングリッシュでは30日間返金制度があるので、真剣に検討するなら一度試してみるのも良いですね。

 

【無料カウンセリング】ライザップがTOEICにコミット!

☑️ 学習の環境が日本。留学する時間が取れない人におすすめ!

☑️ 2ヶ月からの短期間で結果を出せる。

☑️ 自分だけでは取り組めない人に、信頼のライザップ。

☑️ 無条件30日間返金制度あり。

 

コスパ抜群のフィリピン留学 フィリピン政府公式認定 語学学校NILS

オーストラリア、カナダ、イギリスなどのネイティブの英語圏で語学学校をするのに比べ圧倒的に安く、多くの人から人気のフィリピン留学。

中でもフィリピン政府公式認定 語学学校NILSは観光地として人気のセブで、フィリピン政府も公認している場所なので、「初めての海外で不安」という人には安心して英語の学習に集中できるのがこのサービスだと思います。

 

フィリピン政府公式認定 語学学校NILS


 

 


☑️ 近年 人気が出てきたフィリピン留学

☑️ 英語ネイティブ圏の語学学校に比べ圧倒的に安い。

☑️ そして英語ネイティブ圏の語学学校に比べ、圧倒的に学習時間を確保できる。

☑️ 同じレベルの学習者が集まるので「英語を喋ること」に慣れる。

 

海外保険付帯付きのクレジットカード Booking.comカード

Booking.comカードは海外での買い物ができるだけでなく、ショッピング保険や海外保険までついていて、持っておくだけで万が一の時に使えることもあります。

バックパッカーやホテルの予約にも使え、Booking.comを利用して支払いをすると最大6%割引されます。

 

Booking.comカード

☑️ クレジットカードで海外でも買い物ができる。

☑️ 最大2,500万円の海外保険付帯。

☑️ 海外のバックパッカーやホテルをBooking.comで予約すると最大6%割引。

☑️ 入会費、年会費無料。

 

現地で宿泊するなら宿泊予約サイト Booking.com

上記のBooking.comカードと連携して使えるサイトがこの【Booking.com】

ワーホリでは住む都市を移動することや国の中で旅をすることもあります。そんな時に一つ、よく使う宿泊予約サイトがあると旅がしやすいです。

【Booking.com】

☑️ 世界最大の宿泊サイト

☑️ 狙っている宿を見つけたらその場で予約から支払いまで完了。

☑️ 多くの利用者の評価や口コミを比較、検討できる。

 

海外長期滞在者が語る、ワーホリ渡航前のオススメサービスまとめ

ということで、ワーホリとこう前のオススメサービスをまとめました。

ワーホリオススメサービス

☑️ 海外に行く前に日本で英語を勉強しながらお金を貯めよう リゾバ.com

☑️ 留学ワーキングホリデーサポート Global Dive

☑️ どこでも英語を勉強する習慣を! スタディサプリ ENGLISH

☑️ 留学しなくてもアウトプットができるオンライン英会話 レアジョブ本気塾

☑️ 新生の短期集中英語コンサルティング PROGRIT

☑️ ストイックなあなたに!払ったお金に見合う成果が。【30日間全額返金】ライザップイングリッシュ

☑️ 留学の時間とお金があるなら、コスパ抜群のフィリピン政府公式認定 語学学校NILS

☑️ お得に宿泊予約、海外保険もついている Booking.comカード

☑️ 世界最大の宿泊予約サイト Booking.com

私の体験談ですが、渡航前に情報収集、勉強、貯金をしておくと現地についてから余裕ができるので、正しい選択ができます。

どれかに余裕がないと、焦って仕事休む場所を決めてしまったり、英語ができなくて自分の思ったことが伝えられずに損をすることもあるので、今の内に不安要素を潰しておくことをお勧めします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あわせて読みたい
海外でどこでもできる仕事を!ワーホリで役立つ国家資格まとめどうも、現在定住地のない宅建士(@wing_log)です。 ワーキングホリデービザ(以下ワーホリ)で海外に行って宅建士資格...