ブログ運営

会社を辞めて海外に住むことを決めた自由人が悟った、人生を変えるための簡単な方法

突然ですが、世界で一番幸せな人が誰か考えたことはありますか?

 

日本に一時帰国して昔からの友達に会うと、人生が楽しくないと相談を受けることが多くなりました。ここでは彼らの悩みをどう解決できるか、記事の執筆がてら頭の中を整理したいと思います。

 

私は現在、自由に生きています。それはもう、めちゃくちゃ自由に。

 

いや、自由にと言っても大金は持っていませんし、稼ぎも最低限ですし、資本主義の世界から抜け出したという意味ではありませんよ!なんだか出だしが情報商材の売り込身のような出だしになってしまったので、そうではないことをあらかじめ断っておきます。

 

さて、私がいう自由を言葉にすると、海外に行ったことをきっかけに、幸せの定義とか価値観が変わり、お金とか義務とか、大人としてとか、日本人としてといった固定観念が失せ、自分が一緒にいて幸せがと思う人と、幸せだと思うことを追い求めて生きることができるようになりました。幸せを追い求めることに集中できていて、生活がすごくシンプルです。

 

幸せの定義ってなんですか?

さて、この記事の最初に聞いた質問ですが、世界で一番幸せな人とは誰でしょうか。幸せの定義によると思いますが、幸せの価値観って人それぞれ違うのですから、その人の価値基準で気待ちますよね。

 

自分の幸せの基準に沿って、幸せに向かって生きていけているのであれば、世界一幸せなのは自分自身と答えることが自然だと思います。

 

しかし、人生が楽しくないと嘆く人は少なくありません。

 

人生を幸せにするたった3つのシンプルな方法

幸せかどうかの基準は自分次第で決めるのにもかかわらず、人生が楽しくないと考えるということは、自分が幸せと感じる基準(脳)と行動する方向性が一致いていないのです。

 

つまり、自分が幸せだと胸を張って言えないなら、幸せと感じる価値基準(=考え)を変えるか、自分がしている行動や向かう先を変えるかの2つです。

 

前提が長くなりましたが、ここでは6年間勤めた会社を辞め、海外に飛び出した私が体験し、考えついた、誰でもできる幸せに生きるための本当にシンプルな3つの方法をお伝えします。

住む場所

 

住む場所を変えることは、一番早く環境を変えることができます。実家暮らしから一人暮らし、喧騒とした都会から田舎へ、日本から外国へ。その逆も然り。

 

環境が変わると、新しい発見があったり、元の場所の良さを再確認します。自分にとって何が大事かを見つめ直します。住む場所が変わると生活スタイルが変わり、考え方が変わっていきます。

 

私自身、物に溢れて、何度も使わないものを無駄に買ったりしていた日本の生活を捨てて、バッグ一つで海外に旅に出たり外国人の友達と車で旅をしながら生活していくうちに、生きていくために必要なものは本当にわずかなんだと、価値観が変わってきました。

 

仕事(=お金を得るための活動)

 

仕事、という概念から考えなくてはならなそうです。私は仕事を、お金を得る手段と考えます。

 

私は以前働いていた会社で、スーパー営業マンと言われている大先輩と仕事をさせてもらっていました。メタルギアのスネークのような人です。その先輩は、お客様との商談で契約に至らなかったり、見込み客がでない期間があると「ずいぶん遊んでしまったな」とつぶやきます。ご本人の中で、組織の利益にならなかった活動は仕事ではなく、遊びとして捉えているのだな、と感銘を受けた覚えがあります。

 

仕事をお金を得るための活動として考えると、人生の多くの時間を共にします。自分が生活を営む上での源泉自体を変えると、当然環境やコミュニティは変わり、人生が変わっていきます。

 

そして、仕事に対して満足がいかないのであれば、生活が成り立つ範囲でお金のことは気にせず、自分自身が満足できる仕事を選択すべきです。

 

大手ハウスメーカーの営業として、6年間務めたあの日々、会社でのあの常識は、いかに世界の非常識であるかを日本を出て感じました。オーストラリアで旅をしながら経験したファームの仕事をしながらの生活は、日本で培った「常識」をぶち壊してくれる、かけがえのない経験になりました。

 

出会う人、付き合う人

 

月収1,000万円稼ぐあるオーナー業をしている方の生活に密着させてもらった時のことです。常に思っていることを素直に実行し、相手を立場で決めずに意見を聞き、人を引き寄せる魅力がありました。その方が付き合う人もまた、相手に幸せを与えられるような魅力を持った人ばかりでした。

 

自分は変えられるけど、相手は変えられません。とよく言います。

 

自分は自らの力で成長できるけど、相手に自分の考えを押し付けられないし、相手に自分を理解してもらおうと思う必要がありません。

 

自分で決められる人になってほしい

あなたが幸せかどうか、あなた自身で決められる人になってほしいと思っています。自分で決断できる人は、自分で行動できる人です。

 

できないという人の特徴で、環境のせいにする人がいます。

 

「仕事が忙しくて」「親が」「年齢が」「ここは日本だから」と、やらない人はいつになっても行動しません。常に何かを言い訳にします。せっかく出会えた縁ですから、この記事を読んでくれたあなたが、良い人生を歩むために自分で決断して、行動できるようになることを願っています。

Wing log. が伝えたいこと

 

このブログでは、自由に自分がやりたいことに正直に生きたいという人を応援しています。まっすぐな気持ちと情熱さえあれば、誰もが幸せに生きることができると思っています。

 

英語のスラングにwing manという言葉があります。

 

これは、好きな女性に対して自分が魅力的な男になるように、その人の助けとなる仲間のダチのことをそう呼ぶそうです。あなたが幸せになるように、助けとなるブログになりたいと願いを込めてWing log.と名付けました。

 

Wing log. では主にカメラ、ライティング、ブログ運営、海外生活などの情報を共有しています。自分を高めたいな、幸せになりたいな、共感できるな、暇だし付き合ってみるかな、そんな気持ちを持ってもらえたら、ブログのメール登録をしてみてください。ブログを更新すると随時メールが来たり、ブログには載せないハナシもシェアしていきます。気が合う人達とどんどん楽しいことをしていきたいので、お気軽に join us!