イギリス

【Goggle box】クソくだらなく面白い、イギリスのテレビ番組が人気の理由

How’s it going? 私(@wing_log)です。

コラムの時間です。

 

突然ですが、UKに来て2週間、イギリス人は面白いと知りました。

というかブリティッシュの、真面目な時とアホな時のなんとも言えないギャップがたまらなく愛しく面白い。

イギリスでは根強く紳士淑女の文化が残っており、基本的に皆さん知的で思いやりがある人が多いという印象を受けますが、たまに全力でバカをすることがあります。

中学校の頃いませんでしたか?わざとイタズラとか馬鹿げたことをしてみんなの注目を集めようとしていた悪ガキ的な役割の子。「ちょっとクレイジーな自分」を演じて、たまにチラッとみんなの反応を見ちゃうかわいさを残したわんぱく小僧。

クラスに一人いれば十分なのに、私の周りのイギリス人の友達は、わんぱくっ子が各班に1人いるくらいの頻度です。Too much です。それがまた普段は真面目というか、何かに対して一生懸命で独自のポリシーを持っていたりするギャップがさらに面白い。紅茶に入れる砂糖の量とか、料理を取り分けるのは何をいくつとか、強い自分ルール(そのほとんどは私からしたらどうでも良い)を持っているのに、ふざける時は全力でふざけるギャップ。たまらなく興味深い文化です。

今日はそんな一般人までもが面白いイギリスで、【人気を誇っているテレビ番組「Goggle box」】が日本でも流行って欲しいと思うので、内容の紹介と人気の理由を分析してみました。

この記事でお伝えしたいこと

☑️ イギリスのテレビがくだらなく面白い

☑️「テレビを観てる人を観る」Goggle boxが面白い理由とは

☑️ Goggle Boxのスタイルは日本でも流行って欲しいスタイル

単純に紹介したいだけでレビュー記事でもなんでもないので、もしあなたがたまたまこの記事に流れ着いてきてしまったら、楽しみながら読んで欲しいです。ではまいります。

 

イギリスのテレビがくだらなくて面白い。

冒頭で私の「イギリス人観」をお伝えしましたが、テレビ番組にもそういった性格が存分に反映されていて、ものすごく真面目な番組もあれば、なんでそんなことに全力を出せるの?と言いたくなるようなくだらない番組もあります(一旦日本のテレビ業界のことは棚に上げておきますが、ご了承ください)。

 

テレビ観てる人観察バラエティ「Goggle Box」とは。

そして、日本では見たことがないスタイルのテレビ番組を見つけました。

タイトルは「Goggle Box」

一般人がテレビを見てリアクションを取っているのを観るという企画内容で、イギリス各地に住む一般の人たちがテレビを前に番組を見ながらああだこうだ言いたいことを話している姿を観るという番組です。

オススメされた時に話を聞いただけでは「何が面白いんだ?」と思いましたが、観てみるとなかなか面白い。一般人がテレビに向かってリアクションを取っているだけなのに、もっと観たくなってくる不思議な魅力を持つ番組です。

2013年に番組が発足してから実績も残していて、英国のアカデミー賞であるBAFTA賞も取っている人気の番組です。

写真は何組かいる「観られる側」の家族の1組。

 

Goggle Box参加者は月に1,500ポンド稼ぐ

Goggle Boxを初めて観たとき「予算はないけどアイディア勝負」のおもしろB級番組かなと思ってたのですが、そんなことはなく、参加する各家族に1,500ポンド支給されているとのこと。週に12時間決まった場所でテレビ観てリアクションするだけで月に1,500ポンドってドエラい額です。2018年10月のレートで言えば月に20万円程度でしょうか。

興味あれば読んでみてください。応募して通れば実際に参加者になれるそうです。英語がネイティブ並みに達者なら新たな枠として採用されるかもしれませんね。

https://www.thesun.co.uk/tvandshowbiz/3058631/gogglebox-cast-earning-how-to-apply-channel-4-tv/

 

観る人は共感を得たい。Goggle boxが面白い理由

Goggle Boxが人気の理由は、誰しも他人の考えや感じたことに自分と照らし合わせたい、共感したいという思いを持っているからではないでしょうか。

Goggle Boxの参加者が観るテレビ番組はいくつか決められていて、1週間の中で日ごとに変わる番組を観る彼らを、我々視聴者は観察します。

ある日の料理の対決番組を観る回、1人の女性参加者が作ったケーキのバランスが悪すぎて倒れる寸前というシーンがありました。結局重さに耐えられなくてケーキは無残にも崩壊してしまったのですが、悲しく泣いている彼女を観て、「おー…。」と言いながらも笑いを堪えきれていない人、普通に爆笑している人、バランスがどうのこうのと解説している人と様々で、「人間味」みたいのものを感じられました。

この「人間味」というのが面白さの源です。

私は小学生の頃、クラスで先生が生徒全員に怒っているときに、周りのみんながどういうリアクションをしているのかを観察するのが大好きでした。友達の中には先生の話を真面目に聞いていたり、緊迫した空気に耐えきれず泣いていたり、ガキ大将がニヤニヤしていたり。中でも1人の親友の山崎くんが、骨折のせいでぐるぐるに巻かれた包帯の隙間から縫って生えてきている腕毛の処理を、文房具の切れ味の悪い黄色のハサミで処理していた姿が20年以上経った今でも忘れられません。その人間観察の面白さのエッセンスが、この番組にはあります。

テレビをつければスーパースターの完成された容姿や、台本通りの作り込まれたトーク番組が絶え間なく流れて来ます。そういった番組を観るときに感じるのは、共感とはかけ離れていて、憧れであったりプロの本気を見て感動する、エンターテイメント的な要素が大きいでしょう。

一方でGoggle Boxにはそういった類の感情は一切なく、素人の素の部分、驚いたり感動したり、突然議論したり、予測がつかないリアクションが観ていて楽しいのです。

 

日本でも流行って欲しいスタイル

共感能力の高い日本人にも、このスタイルの番組は合っていると考えます。

友達が何かに励んでる姿を見るのって、なんか楽しくありませんか?友達がゲームしているのを横で眺めてるとか、彼氏の部活の試合の応援とか。知ってる人が何かに向かって励む姿を眺めるのは趣味になり得ます。それは感動のレベルが近いからだと考えます。

元々一般人であるyoutuberが、なぜ中高生の人気が生まれるかというと、視聴者はその人の一般的な感覚を共感できるからです。

 

一般人参加型の恋愛番組は人気が出る

恋愛系の一般人参加型の番組の歴史をたどってみましょう。

「あいのり」がテレビでも一般人から有名人を輩出したのも、「テラスハウス」が女子大生の心をつかんで、今もなおNetflixで今も愛されているのも、「太陽とオオカミくんには騙されない」がアベマTVで視聴数140万を取るほどに人気なのも、全て同じ理由で、一般人(もしくはかけだしのタレント)のリアルな反応や恋模様が、視聴者に共感を生むからです。

そして、過去から未来に向かって、視聴者と出演者の距離はどんどん近くなってきています。

日本でもGoggle Boxスタイルの番組を作ってはどうか

触れ合える距離がより近くなりたいと願う視聴者、そして共感力の高い現代日本人の性質から、youtuberを起用してこのタイプのテレビ番組が生まれれば、一定層に需要がありそうな気がしますが、どうでしょうか。テレビ局のどなたか、このアイディアを買っていただきたい。

 

クソくだらなく面白い、イギリスのテレビ番組が人気の理由【Goggle box】まとめ

ということで今まで日本で観たことがないタイプのテレビ番組の紹介でした。

この記事でお伝えしたこと

☑️ イギリスのテレビ番組がくだらなくて面白い。

☑️ Goggle Boxが人気の理由は、自分に近い人と共感を得たいから。

☑️ 人間観察から垣間見える人間味が面白さのエッセンス。

☑️ 元々共感能力の高い日本人の性格と、視聴者と出演者の距離が近づいている現在の日本の情報発信の環境でGoggle Boxのようなことをすれば流行るのでは??

旅をすると色々な発見があっておもしろいですね。

当ブログでは、旅する楽しさ、有益(たまに無益)な情報をシェアしていますので、おもしろいと思ったらブログ、TwitterInstagramのフォローをお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あわせて読みたい
海外旅とは人生の断捨離である。上場企業を辞めて海外生活をして気づいたことバックパック一つで海外旅に出ると、人生の断捨離ができました。...