WordPress

5分でできアナリティクスとコンソールをAll in Oneに連携する方法【2018年最新】

ブログ始めたけど初期設定めんどくさい!サクサク設定したい!

 

GoogleアナリティクスはGoosleが提供しているアクセス解析ツール、googleコンソールはGoogleの検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できるツールで、どちらも無料です。

 

WordPressでブログを始める場合、All in Oneに簡単に連携できるので、初期設定と一緒に最初に設定しておきましょう。

 

私は当ブログを開設して1週間経って両方登録したのですがもっと早く登録しておけば良かったと後悔しています。現在1ヶ月100記事投稿の企画をしているのですが、良い意味で予想が外れて初月から若干のPVに動きが出てきたので、早くからやっておけば良かったなと反省しています。

 

あなたはそうならないように!画像通り行えば5分程度で登録、連携できると思うので、サクサクやってみよう!

 

GoogleアナリティクスとAll in Oneを連携させる

 

アナリティクスのトラックIDを取得する。

まずは、All in Oneに連携させるために必要なGoogleアナリティクスのIDを取得します。

 

Googleアカウントをすでに持っていることを前提に進めますが、持っていない場合は、Googleアナリティクスにアクセスして、アカウントの作成を行ってください。

 

Googleアナリティクスにログインして、「Googleアナリティクスの使用を開始」と書かれた画面がでてきます。 その下の「お申し込み」ボタンをクリックします。

トラックIDのある場所

Googleアナリティクスの管理画面に入り、

「管理」-「プロパティ設定」-「トラッキングID」

こちらの「UA-********」というのがトラックIDです。コピーしましょう。

WordPressのAll in Oneに設定する

Worspressの管理画面に移ってAll in Oneの設定をしていきます。

 

「管理画面」-「All in One」-「一般設定」-「GoogleアナリティクスID」

先ほどコピーしたトラッキングIDをペーストし、完了です。

連携できたか確認する

アナリティクスをの管理画面を開きます。

「管理画面」-「指定のサイト」-「全てのウェブサイトのデータ」

動きましたね。これで連携できました。

Googleサーチコンソールの連携

次にWordpressをGoogleサーチコンソールと連携させていきます。

 

サーチコンソールのメタタグを取得する

こちらもアナリティクス同様、All in Oneに連携するためのタグを取得していきます。

 

Googleサーチコンソールに入ってください。

 

管理したいウェブサイトを選択する画面に移るので、ご自身のURLを入力します。「追加」をクリックを押します。
「https://○○○○の所有権を確認します。」との表示が出たら代替方法のタブをクリックします。すると以下のような画面が出ます。この中からHTMLタグを選びます。
するとメタタグが出てきます。
<meta name=”google-site-verification” content=”********************” />のうち、content=以下の「********************」の部分だけをコピーします。これでメタタグの取得は完了です。
All in Oneにタグを入れたあとにこのページに戻ってきますので、ウインドウは消さずに置いておきます。

All in Oneにタグを入れる

次にWordpressを開き、All in One SEOを開きます。

「管理画面」-「一般設定」-「ウェブマスターツール」

ツールに先ほど取得したcontent=以下の「********************」の部分を入れましょう。
 
変更を保存を押すのを忘れずに。完了です。

コンソールの確認をする

最後に、そのままにしていたサーチコンソールに戻り、確認のホタンを押します。
所有権の確認ができれば完了です。

Googleサーチコンソールを確認する

確認しましょう。サーチコンソールを開きます。

「管理画面」-「クロール」-「クロール統計」

こちらも確認できました。

まとめ

アナリティクスとコンソールをAll in Oneに連携する方法でした。冒頭でもお伝えしましたが、早めに終わらせましょう。アクセス解析を設置しから、分析をできる程度の情報が集まるにはしばらく時間がかかります。早めに設置して、アクセスの情報を把握することで、よりPV数の獲得しやすいサイト作りができます。