ワーホリ、YMS

ビザとパスポートさえあれば通過できる。YMS(ワーホリ)でイギリスの入国審査のための準備物まとめ

How’s it going? 私(@wing_log)です。

イギリスの入国審査は、世界で一番厳しいと言われています。

この記事では【イギリスのワーホリビザ、YMSビザでイギリスに来る時に、入国審査をスムーズに通過するために何を準備すべきか】をお伝えします。

この記事で伝えたいこと

☑️ 強制送還もあり得る?イギリスの入国審査が厳しい理由は、

  1. 不法就労
  2. 不法滞在
  3. 偽装結婚

☑️ 最低限ビザとパスポートさえあれば、YMSでイギリスの入国審査は通過できる

☑️ YMSでイギリスの入国審査に通過する時の準備物は、

  1. パスポート
  2. YMSビザ
  3. YMS審査が降りた時のレター(+最初の滞在地住所の付箋)
  4. 最初の滞在先
  5. 滞在中の資金証明
  6. 語学学校に行く人は語学学校の入学証明書
  7. 往復の航空券

☑️ YMSでイギリスに入国審査を受ける時は、英語ではっきり質疑応答に答えれるように

結論から言うと、パスポートとYMSビザさえ持っていれば通過できます。しかし、入国審査官によって、またはあなたの雰囲気や英語力によってスムーズに通過できるか、厳しい目を向けられるかが変わって来ます。

YMSでのイギリスの入国審査でつまずかないよう、万全を期しておいて損はないでしょう。YMSビザでイギリスに行くけど入国審査が不安という方は参考にしてみてください。

 

強制送還もあり得る?イギリスの入国審査が厳しい理由

 

現在、イギリスでは合法、違法を問わず多くの国から長期滞在を狙った移民がきます。

  1. 不法就労
  2. 不法滞在
  3. 偽装結婚

主にこれらが、イギリスの移民局が目を光らせている人たちです。

イギリスの入国審査が厳しい理由1.
不法滞在者が存在する

島国で育った私たち日本人からはあまり馴染みはないかもしれませんが、イギリスでは不法滞在者が問題視されています。

発展途上国に住む人にとっては物価の高いイギリスに出稼ぎにきて、観光ビザの最長である6ヶ月ギリギリまで稼いで別の国へ移動する、そしてまたイギリスに戻るということが考えられます。

しかし、そのようなこと語を繰り返すほど移民局は再入国への審査が厳しくなり、また移動する分の時間や費用を考えると、そのまま違法に滞在するということが最も効率が良いと考える人が存在ます。

イギリスの入国審査が厳しい理由2.
不法就労する人がいる

不法滞在者がどのようにしてお金を稼ぐかというと、キャッシュジョブや密輸といった、表には現われない違法の仕事によってです。

当然税金も払わず、犯罪にかかる仕事が蔓延すればイギリスにとってはメリットはないので、イギリス現地でしばらく滞在できる資金を証明できなかったり、仕事の有無や目的を明確に回答できなかったりすると、入国審査の際に非常に厳しい目を向けられます。

イギリスの入国審査が厳しい理由3.
偽装結婚により永住権を得たい人がいる

独身女性の中には永住権を目的に結婚相手を探しに来る人も存在します。

発展途上国に生きる人、自国に幸せを感じられない人にとっては住む場所というのは死活問題であり、世界的にみるとビザのために結婚することは決して珍しいことではないのです。

私も実際に、ビザのために結婚したカップルを見たことがあります。愛だけではないのだなと思いました。

 

最低限ビザとパスポートさえあれば、YMSでイギリスの入国審査は通過できる

私がYMSでイギリスに到着した際、入国審査ではパスポートと、YMSビザのみ、持ち合わせていました。

入国審査には通過できたので、最低限パスポートとビザさえあれば良いということが判明しましたが、思い返せば、質問にテンポ良く答えられたこと、そして海外渡航に慣れていたことのおかげで通過できたと思います。

もし英語に自信がなかったり、海外渡航に慣れていなく審査の時の質問に答えられそうになければ、入国審査で聞かれたことを思い出した私なりの、オススメする準備物をお伝えします。

 

YMSでイギリスの入国審査に通過する時の準備物

YMSでイギリスの入国審査に通過する時の準備物としてオススメするのは以下です。

  1. パスポート
  2. YMSビザ
  3. YMS審査が降りた時のレター
  4. 最初の滞在先
  5. 滞在中の資金証明
  6. 語学学校に行く人は語学学校の入学証明書
  7. 往復の航空券

一つ一つ見ていきましょう。

イギリスの入国審査に通過する時の準備物1.
パスポート

必須です。

1年以上の滞在可能な日数が必要です。パスポートの残存日数に不安があるならば、イギリス移民局まで確認してみてください。

イギリスの入国審査に通過する時の準備物2.
YMSビザ

こちらも必須です。

YMSビザの申請がおりてパスポートが返ってきた時に貼り付けてあるシールがYMSビザです。剥がさない限りパスポートを持ってきていれば持っているはずです。

イギリスの入国審査に通過する時の準備物3.
YMSビザの審査がおりた時のレター

YMSの審査がおりた旨のレターはあった方が良いです。無事入国できた際にBRPカードを取得する際に持っているとスムーズです。

私はレターを持っていなかったので、入国審査では使いませんでしたが、BRPカードの取得に苦戦しました。

イギリスの入国審査に通過する時の準備物4.
最初の滞在先

最初の滞在先と連絡先を必ず控えておいてください。

滞在先はどのような関係なのか、何をしている人か、どうやって出会ったか等、メモしておくことをお勧めします。

最悪、相手がたが入国審査官と話せるように、連絡できるように準備をしておいてください。

イギリスの入国審査に通過する時の準備物5.
滞在中の資金証明

滞在中の資金証明書を持っておくと、しばらく無職でも食いつなげることを証明できるので、入国審査で有利です。

入国審査官に「こっちで仕事見つけるまでにどうやって過ごすの?」と聞かれたことに対して、友人の家でお世話になりながら仕事を探すよ。貯金もあるから仕事が見つかるまでは大丈夫。と答えましたが、資金の証明ができればよりスムーズかなと思いました。

イギリスの入国審査に通過する時の準備物6.
語学学校に行く人は語学学校の入学証明書

しばらく語学学校に通い、生活が安定させるという人もいるかと思いますが、その場合は語学学校の証明書があれば良いかもしれません。

イギリスの入国審査に通過する時の準備物7.
往復の航空券

必要ではないと思いますが、YMSでイギリスに来たけれども帰国する日があらかじめ決まっており、すでに帰りのチケットを持っているという人は、スーツケースに入れずに持っていた方が良いでしょう。帰りのチケットをすでに持っているということは、不法滞在の意思がないことの証明になります。

 

YMSでイギリスに入国審査を受ける時は、英語ではっきり質疑応答に答えれるように

YMSでイギリスの入国審査では、ある程度想定できる質問に英語で答えられるようにしておきましょう。

☑️ YMSビザでなぜイギリスに来たか。

☑️ YMSビザで何をするつもりか。仕事の有無。

☑️ YMSビザでどこに行くか。

☑️ YMSビザで滞在する期間。

☑️ 滞在中のお金はいくらあるか。

私がYMSでイギリスに到着した時には、これらの質問をされたので、最低限これらの質問にスムーズに答えられれば問題ないかと思います。

 

ビザとパスポートさえあれば通過できる。YMS(ワーホリ)でイギリスの入国審査のための準備物まとめ

この記事ではYMSでイギリスの入国審査のための準備物をまとめました。

この記事でお伝えしたこと

☑️ 強制送還もあり得る?イギリスの入国審査が厳しい理由は、

  1. 不法就労
  2. 不法滞在
  3. 偽装結婚

☑️ 最低限ビザとパスポートさえあれば、YMSでイギリスの入国審査は通過できる

☑️ YMSでイギリスの入国審査に通過する時の準備物は、

  1. パスポート
  2. YMSビザ
  3. YMS審査が降りた時のレター(+最初の滞在地住所の付箋)
  4. 最初の滞在先
  5. 滞在中の資金証明
  6. 語学学校に行く人は語学学校の入学証明書
  7. 往復の航空券

☑️ YMSでイギリスに入国審査を受ける時は、英語ではっきり質疑応答に答えれるように

最後に、私がYMSでイギリスに来て現地の実情を見て、感じましたことをお伝えします。

イギリス政府が私たちYMSビザでの渡英者に求めることは、「悪いことをせずに、2年間という決められた期間を法律に則った仕事で全うすること。そしてこちらに来て仕事が見つかるまで途方にくれないような準備をしておいてほしい」ということです。

前述した通り、イギリスは現在の移民に関しての問題点を抱えています。違法に長期滞在する人が絶えません。そして、資金が尽き途方にくれ、路上でお金を請う人(begger)をよく見かけます。

そうならないために、「入国してから大丈夫?」ということを証明しなければならないと考えると、これだけ準備をしておいて損はないのかなと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あわせて読みたい
高い生活費・英語の自信・イギリスへのこだわり。YMSを使うか悩んでいる人へ伝えたいことYMSでイギリスへ渡航したけど、仕事と勉強に追われて楽しめていない人を見かけます。YMSに興味がある人が一度立ち止まって聞いて欲しいことがあります。...
あわせて読みたい
YMSビザはワーキングホリデーと完全に違う。YMSでイギリスに来る人の仕事の実情ワーキングホリデーの感覚でYMSビザでイギリスに来ると、思ったよりも就職するのに苦労したり、仕事に追われる毎日でイメージと違うという声を聞きます。YMSでイギリスに来る人の実情をシェアします。...