海外生活

日本人に対する最大の侮辱ワード、男性器の先端を表す「Jap’s eye」とは

こんにちは。

日本人を侮辱する英語って知ってますか?

 

英語の中にも人種差別を暗示するスラングはたくさんありますが、中には「日本人」を侮辱する言葉もあります。

 

正確には日本人を表す言葉ではなく、日本人の「ある特徴」を捉えて、体のある部分に例えています。

 

タイトルの通り、イギリス(以下UK)では、スラングで男性器の先端を「Jap’s eye」と呼びます。

How racist…

 

ここでは、【差別用語であるJap’s eyeについての詳細や、ブリティッシュの友達に、なぜ韓国でも中国でもなく、「日本人の目」なのかを聞いた理由】をシェアします。

 

この記事で伝えたいこと

ネイティブの一部は男性器の先端をJaps’ eyeと呼ぶ。

英語ネイティブから見たアジア人の特徴

ブリティッシュに聞いた、なぜ「日本人」なのか

では、参りましょう。

 

ヨーロピアンから見たアジア人の特徴

彼らから見たアジア人はこのように見られています。

  • 目が細い
  • 体が小さい
  • 若く見える
  • 肌が黄色い

 

中でもここ目の細さに対するイメージ共通認識のようで、調べると出てくる出てくる関連する画像が。

 

 

個人的に失礼極まりないポーズだと思うのでモザイクをかけましたが、このような画像見たことがありますか?目の端を人差し指で引っ張って、細く見せるポーズです。

 

男性器の先端

男性器はの先端にはおしっこを出すための尿道と呼ばれる切れ目、スリットが存在します。このスリットは非常に細く、おしっこを出さない通常時は閉じている状態です。

 

日本人の細い目がこのスリットに例えられ、Jap’s eye(ジャップスアイ)と呼ばれています。

 

ネイティブはほぼ知っている

 

イングリッシュ(英国英語)のスラングだと聞きましたが、ネイティブには浸透しているスラングです。UK出身の人はもちろん、アメリカ人、オーストラリア人の友人確認してみると、全員知っていました。

 

試しにオンラインゲームのキャラクターにJap’s eyeと名付けたら*****と表示されました。F○○k youのような扱いということです。

なぜ「日本人」か

「目が細い」という認識は日本人だけでなく他のアジア人についても言われていることなのですが、なぜ「日本人」だけなのでしょうか。ブリティッシュの友人に意見を聞いてみると、意外な理由がわかりました。

 

Kimebely
Kimebely
起源はわからないけど、響きが面白いのが大きいと思うよ。コリアンアイズでもチャイニーズアイでも響き的に面白くない。「ジャップス」っていう音の響きが面白いんだよ。ごめん。

 

このように説明していました。

 

言われてみればわかるような、わからないような。「ジャップスアイ」が響き的には面白いかもしれませんね。響きで決められてはたまったもんじゃないですが。

 

これは個人的な予想ですが、性的な表現に日本人が絡んでいるのは「Turning Japanese」という1980年代にヒットした曲が少なからず関係があるのではないかと思っています。

 

別の記事で、まとめたいと思います。

 

英語を勉強しよう

こういったスラングや、ネイティブ面ではあまり言えないことを知るのは、ふとした時の会話の中で生まれたりします。

 

それには、自分の言いたいことが適切に伝えられるレベルにならないと、仲良くなれません。

 

日本語がたどたどしい外国人の友達に流行りの言葉やネットスラングは使いませんよね?そんなイメージです。

 

海外に行っても日常会話ができるレベルの日本人は多くありません。将来海外に行こうと考えているなら、日本にいる頃から勉強していきましょう。日常会話の中でも、この話題のような少し込み入った話を聞けたり、自分の意見を言えるのと言えないのでは、大きく違います。

 

オススメできる勉強方法があるので、そのうち挙げていきます。お楽しみに!

 

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。