WordPress

「この人が書く記事を読みたい」と思ってもらう具体的な方法まとめ

「ブログ初心者が、何を書くかではなく誰になるかを考えたほうが良い理由」では、ブログを始めて何を書くか悩み、更新が滞っている人に、ファンを獲得することの大切さをお伝えしました。ここでは、私なりに考える具体的にファンを増やしていく方法をお伝えします。

この人が書く記事を読みたいと思ってもらうために

  1. スモールワードを狙う
  2. ペルソナを定義する
  3. ザイオンス効果を利用する

 

本気でブログで稼ごうと考えているなら、人から信頼を得るまでは何を差し置いてもそのことに集中しなければなりません。

 

この記事にたどりついたあなたに伝えたい。あなたが駆け出しブロガー、アフィリエイターでしたら、これからのヒントになるかもしれないので、ぜひ読んでみてください。

頑張っているのに結果が出ない人

頑張っているのに結果が出ない人がいます。努力のベクトルが違うことが原因です。

 

どのように頑張れば良いのかわからないなら、「頑張り方を勉強する」しかないのです。天才ではないのですから。

 

理屈がわかって、やるべきことの方向性が合って初めて努力の量に意味が出てきます。

何を書くかではなく誰になるかを考える

「ブログ初心者が、何を書くかではなく誰になるかを考えたほうが良い理由」でお伝えした通り、例え時間をかけて自分が思う最高の記事を書いても、人の目に触れない限り評価もしてもらえなければ、読んでもらうことすらできません。

 

大切なことは「何を言うかではなく、誰が言うか」なのです。

 

井戸の中の蛙はさっさと井戸をよじ登って地上に出て、空を飛ぶ手段を考えなければならないのです。どんなに美しく鳴こうが、聞いてくれる人がいなければその声に価値はありません。

 

あなたの必死で書く記事が、努力に見合ったPV数として出ないのであれば、努力の量を増やすか、その努力は違う方向に向けなければならないかもしれません。誰も見てくれていないわけですから。

 

私がたどり着いた答えは、「はじめのうちは時間をかけて誰もが見たい記事を狙って書いたところで、人の目に触れる確率は低いのだから、特定の人にわかってもらう記事を、時間をかけずにどんどん更新すること」でした。

 

整理すると、

  • 小さく細いニッチなことに集中して書く。
  • 仮定する読者に対して、その人に刺さる記事を書く。
  • 数多く自分らしさを伝え続ける。

ということです。

 

この人が書く記事を読みたいと思ってもらう

 

楽しかったり、幸せな気持ちにさせてくれたり、バカバカしかったり、怖かったり、うざかったり。「この人の文章が一貫していて○○な気持ちにさせてくれる」と思ってもらうことが読みたいという気持ちを生みます。そしてそれを繰り返すとファンになり、「応援したい」という気持ちに変わってきます。

 

大切なことは、「あなたらしく読み手に突き刺さる文章を継続的に発信し続けること」です。記事の内容にこだわりすぎて、文章の質や、語彙力に捕らわれすぎて更新できないという状態に陥らないようにすべきです。

それでは、その具体的な方法について3点紹介します。

 

たいそうなことを書かなくて良い(スモールワードを狙う)

ヒノキの棒で魔王に挑むから心が折れるのです。検索順位の上位にある記事は、相応の信頼感を築いている人が、相応のお金と時間を割いて作った結果です。その記事たちと最初から戦う必要はありません。

勇者でもスライムを叩き続けた時期があったのですよ。

具体的に言えば、ビッグワードを狙うのは、SEOの対策をしてブログ全体の価値が上がってからです。それまではスモールワードを狙ってコツコツと経験値とライティングの力を伸ばしていくことに力を注いだ方が良いということです。

 

一人の読者に伝える(ペルソナを定義する)

一人のペルソナに向かって、その人に突き刺さる記事を書きます。あなたらしさを表現するコンテンツを、読んでくれている人を一人イメージして、その人だけに一生懸命伝えようという気持ちで書くのです。

 

ペルソナについては「ブログの価値を上げる、SEOに強いペルソナとは。」に詳しく書いているので、興味があれば読んでください。

あわせて読みたい
ブログの価値をあげる、SEOに強いペルソナとは。サンプルを事例に解説 私がブログを始めた頃、発信したいことが溢れて、いったい何から、そしてどんなテーマをどのような方法で書いていけばいいか全く...

 

質より量、人の目に触れる回数を増やす(更新し続ける)

私が一目置いている凄腕ナンパ師はこう言います。

「モテない人は気になった一人に声をかけて、その人だけに集中しちゃうから失敗するんだよ。モテたいなら、打席に立つ回数を増やさなきゃ。立ってバット振らなきゃいつまでもボールに当たらないよ」と。

言い得て妙だなと思いました。

 

ブログを始めた頃は、スキルも知識も発信力もない状態からスタートします。筋肉もフォームもしっかりできあがっていない状態でホームランを狙っても届きませんし当たりません。まずヒットを飛ばすために数をこなして、自身に足りない物を伸ばしていきましょう。

 

自然とSEO対策になる

以上の3点を繰り返していくと、ファンがついてくるだけでなく、自然とSEOの対策になり、検索の順位が上がるようになってきます。正しいやり方で努力を継続していけば、ファンを増やすために、人の目に触れるスタートラインに立てるのです。信じてやってみてください。

 

このブログで伝えたいことは #ブログ仲間募集

どうやってファンを作るかの一つに、仲間を作るという考えがあります。同じベクトルに向かって努力をしている人同士は悩みや夢に共感できる場合が多く、お互いにファンになりやすいからです。

 

PV数が伸び悩んでいたとしても、ブログに対して真剣に向き合っているのであれば、きっとあなたも十分に良いことを書いてます。変わりませんよそんな。言っていることなんて。結果を出しているか、チャンスを掴んだかの違いですよ。

 

ブログは類稀なる容姿もセンスも才能も関係ないです。行動し続けた結果人よりも見せ方が慣れているだけです。だからあなたは、発信力さえつけば必ず成功できます。お互いにフォローしあっていきませんか。

 

私は2018年8月31日から投稿を開始して、現在9月7日でこれが31記事です。千里の道も一歩から。共に切磋琢磨できる人を募集しています

(*どうやって仲間を作るかは考え中です!とりあえず私のことが気になると思ってくれたらツイッターのフォローをお願いします!2018/9/7)

 

この記事は前後編に分かれています。前編に「初心者は、何を書くかではなく誰になるかを考えたほうが良いにまとめているのでぜひ読んでみてください。

あわせて読みたい
ブログ初心者は、何を書くかではなく誰になるかを考えたほうが良い どうも、クズです。 ブログを始めたばかりの人の悩みを調べると、このようなつぶやきを多く見受けます。あなたはPV数が...

 

最後まで読んでいただき、あるがとうございました。