カメラ

持ち運び最強!どこでもミニ三脚 Manfrotto MTPIXIEVOをレビュー

Manfrotto ミニ三脚 PIXIシリーズ PIXI EVO ボール雲台 ブラック MTPIXIEVO-BKは、2段階の角度に開脚できるミニ三脚で、カメラマンにとっては場面を問わず「とりあえず持っておいて損はない」三脚です。

 

 

私はカメラを始めた当初、このManfrotto  MTPIXIEVO-BK三脚の良さや使い方を知ったので、初心者カメラマンにはぜひオススメしたいアイテムです。

 

この記事では、Manfrotto  MTPIXIEVO-BKの基本的な使い方や、どれくらいの重さまで耐えるか、詳しくレビューしていきます。

 

撮影シーンに合わせてローアングル撮影が可能

Manfrotto  MTPIXIEVO-BKは、2段階の角度を場面によって変えられる三脚です。最低10.5cmまで高さを下げることができるので、ローアングルの写真が撮れます。

あわせて読みたい
ミニ三脚を使って、バルブ機能でライトアップを撮影してみる【浅草寺】浅草寺のライトップに立ち寄ってみたので、ローアングルでライトアップを撮ってみました。...

Manfrotto  MTPIXIEVO-BKは足が5段階に調整可能

Manfrotto  MTPIXIEVO-BKは5段階に足の長さを調整できます。

 

最低まで下げて見上げるような写真を撮ると画面を確認しづらいこともあるので、そのような時に足を伸ばすと便利です。

 

Manfrotto  MTPIXIEVO-BKは縦位置撮影も可能

Manfrotto  MTPIXIEVO-BKは縦位置の撮影も可能です。対荷重も2.5kgまでは耐えるとされているので、EOS 6D+50mm単焦点レンズ程度なら対応できます。

 

Manfrotto  MTPIXIEVO-BKの対荷重の限界は?

Manfrotto  MTPIXIEVO-BKはカタログ上2.5kgまで耐えるとされていますが、実際EOS 6DにSIGMA 超望遠ズームレンズ APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM をつけてもなんとか耐えました。本体とレンズで合計3.8kgです。

 

ただし、かなり不安定なのでオススメはできません。一眼レフに単焦点、広角レンズ程度ならある程度重くなっても耐えることがイメージできればいいと思います。

 

Manfrotto  MTPIXIEVO-BKを使った写真

ダイナミックに撮れていますね。もっとたくさん撮った記事があるので、ご興味ありましたらどうぞ。

 

あわせて読みたい
ミニ三脚を使って、バルブ機能でライトアップを撮影してみる【浅草寺】浅草寺のライトップに立ち寄ってみたので、ローアングルでライトアップを撮ってみました。...

 

便利なミニ三脚Manfrotto ミニ三脚 PIXI EVO

いかがでしたか?Manfrotto ミニ三脚 PIXIシリーズ PIXI EVO ボール雲台 ブラック MTPIXIEVO-BKはどこにでも持ち歩けるミニ三脚で、カメラマンには何かと便利なアイテムです。

 

一つあると、「持っててよかった!」という場面に出会うので、ぜひ一つ持っておくことをオススメします。