WordPress

PS Auto Sitemapで綺麗なサイトマップを作ってみた【便利なプラグイン】

一生懸命記事を更新してるんだけど、いまいちまとまりがないんだよね。なんかもっとこう、読む人がブログ内をグルグル回ってくれるような仕掛け作れないかな。
回遊性をあげたいんだね、良い方法があるよ!

ブログを作るにあたって、あれこれカテゴリを増やさず、絞ったほうが集中してキーワードのアクセス数の上昇に貢献し、読者としても回遊性が上がり、総合的にSEO的に良いと言われています。

サイトマップを簡単に作りたいと思って色々探したら、短時間の設定で簡単にサイトマップを作れるプラグインを見つけたので、ここではプラグインのPS Auto Sitemapを使って、オシャレなサイトマップを作る方法をシェアします。

PS Auto Sitemapインストールの方法

「管理画面」ー「プラグイン」ー「プラグインのインストール」ー「今すぐインストール

サイトマップ作成までの流れ

設定方法

「設定」ー「PS Auto Sitemap」ー「ご利用方法」

ご利用方法内の

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

は後で使うので、どこかにメモっておきます。

固定ページを作る

「管理画面」ー「固定ページ」ー「新規追加」

先ほどメモっておいたコードを本文に記載します。

コードなので「テキスト」に入れてください。私はビジュアルに入れてしまって機能せずに、原因がここにあることがわからず時間を食いました。

当たり前のこともうっかりミスするから気をつけてな!

コードをテキストに入れたら早速公開ボタンを押してください。

指定のページとプラグインを紐付けする

URLをチェックし、サイトマップを表示するために このページとプラグインを連携させます。post=の後の数字をコピーします。このページでは491です。

再度「設定」からPS Auto Sitemapに入り、サイトマップを表示する記事に先ほどコピーした491を入れます。

「設定」ー「PS Auto Sitemap」ー「サイトマップを表示する記事」

設定を保存したら、先ほどの固定ページを開き、変更をプレビューから確認してください。

「固定ページ」ー「固定ページ一覧」ー「指定のページ」ー「編集」ー「変更をプレビュー」

PS Auto Sitemapのサイトマップ完成

 

記事内、1カラムで縦に段階層が伸びていくシンプルなスタイルですね。

スタイル変更で見た目を変える

設定でスタイルを変更できるので、自分好みに試してみてください。

「設定」ー「PS Auto Sitemap」ー「スタイルの変更」

3つほど、オススメをサンプルとしてどうぞ。参考までに。

ビジネス

私はこのスタイルにしています。

付箋

親と子で色がはっきり分かれているのでわかりやすいですね。

シンプル2

全部見ましたが、シンプルな方が良かったです。気になるという方は試してみてください。

プラグインでサイトマップを作ったまとめ

感想

少しづつサイトらしくなってきた感じがして満足というのが率直な感想です。どこにどんな記事があるかが一目でわかりので、これはあった方が回遊性が増すのではないかと。

勉強する中では「サイトマップとコンテンツは、サイトが完成に近づいてから作るのが効果的だ」という記事を見たのですが、今の時点では早めに作って問題ないかと思います。

サイトマップを見渡せば、「更新が足りていない部分」も視覚的にわかるので、自分の更新のモチベーションの維持、次に書くべきことも整理しやすくなると思います。

要点

・サイトらしくなる。

・サイト全体が見やすくなり、回遊性の向上が見込める。

・自分の足りない部分が視覚的に確認でき、書くべきことが整理できる。

以上です。

サイトマップの重要性について、また調べたことをまとめてみるので、そちらをご覧ください。