フリーな人が考えること

平凡な1年目のサラリーマンだった僕が、150万円借金までして高級腕時計を買った結果

特にお金持ちでもないサラリーマンが、高級腕時計を買う理由ってなんだと思いますか?

 

今から7年前の話です。私は大学を卒業してハウスメーカー会社に就職し、営業として戸建住宅の営業をしていました。平凡な家庭で生まれ育ち、お金の使い方が豪快なわけでもない私が、社会人1年目で借金までして高級腕時計を購入しました。

 

高級腕時計には、仕事をやる気にさせる力があります。それだけでなく、持ち続けることで将来的に資産として価値が生まれる可能性があります。これは車とも不動産とも違う性質を持っていると言えます。

 

ここでは、私が社会人1年目で借金までして高級で時計を買った理由と、8年経った現在、何を感じるか、資産としてはどうなっているかをお伝えします。

 

7年前に購入した腕時計

私が7年前に購入した時計は、IWC ポルトギーゼ クロノグラフ IW371482です。

 

 

18金に黒の文字盤とダイアモンド製のガラスの光が反射して、高級感が漂いまくっています。できれば生涯を通して大切にしていきたいお気に入りです。

 

靴と時計は良いものを。

社会人になって、私が尊敬するスーパー営業マンの先輩に言われた言葉です。

 

「人は見た目が9割」と言われているように、人を判断する上で見た目の割合は大きいのです。

 

ビジネスマンとして、見た目は服、靴、装飾品、バッグが大部分を占めますが、スーツに関しては着ているものが1万円のものか、10万円のものか、100万円のものかぱっと見で判断がしにくいと言われています。「高そう・安そう」よりも、センスの良し悪しであったり、サイズが合っているかどうかに注意がいきます。

 

一方で、時計については「良いもの」というものは見ればわかります。詳しい商品名を知らなくても、ぱっと見ればどこのブランドでその程度の価格帯というのがわかり、見た人は「時計にまで気を使っている人」という印象を受けます。

 

靴と時計には良いものを。ビジネスマンとして、男として、一つ上にあがろうと思い、購入を決意しました。

 

高級腕時計を買った結果

さて、平凡なサラリーマンである私が高級腕時計をつけて7年、それまでに感じたことや、時計が今どうなっているか、お伝えしていきます。

 

圧倒的な満足感

ビジネスマンとして相手にどう思われるかだけでなく、所持することで自分自身も圧倒的な満足感を得ました。仕事をする上で、「もういっちょ頑張ろう」と踏ん張るモチベーションにつながったり、「この時計に見合う男になろう」、「この借金を返すために仕事しよう」と自分を引き締めてくれます。

 

7年経ってローンを返し終わった今も、この気持ちは変わりません。

 

今でも資産価値がある

高級時計は資産価値として優れています。住宅に携わる仕事をしていたのでよくわかるのですが、所有権を移転した瞬間から価値が下がる日本の不動産とは全く異なる性質を持っています。

 

 

同シリーズの買取価格を調べてみると、7年前のシリーズが当初の6割程度の買取価格で推移しています。

 

これが、資産価値が残りやすいと言われているロレックスだとより買取価格が下がりにくく、シリーズによっては販売当初よりも高く売買されているものまであります。

 

参考:新品よりも高い2002年の中古時計

 

 

高級腕時計のデメリット

高級腕時計を持ってみて、気をつけなければならないこともありました。

 

メンテナンス費用がかかる

ただでさえ高いのに、維持費までかかります。

 

だいたい5年に1度ぐらいにオーバーホール(メンテナンス)に出す必要があります。交換する部品によりますが、だいたい5万円程度。

 

そして、傷むたびに交換が必要なベルトです。ワニ皮のベルトを年に一度交換すると、それだけで4万円程度かかります。4万円ですよ!?ベルト代でアップルウォッチが買えます。

 

このメンテナンスのおかげで一生モノとして使用できるのですが、年間1万円以上の費用は覚悟する必要があります。

 

繊細で衝撃に弱い

機械仕掛けであるのが高級と言われる理由の一つですが、高級腕時計は精密な部品で構成されている為、衝撃に弱いです。修理するとなると数万円は覚悟する必要があるので取り扱いには気をつけなければいけません。

 

本当に大切なことは、物をどう扱うか

高級品を身につけて気づいたことがあります。これが一番言いたいことです。

 

高級腕時計は、私のことを払った金額以上に成長させてくれました。しかし、私自身の本質は変わりませんでした。高級時計を持っていても、安いぬいぐるみでも、気に入ったものは値段に関係なく大切にするし、気に入らないものはすぐに捨てるし。

 

高いものを持っているかどうかではなく、自分が大切にできるものを、大切に使うこと。その方が大事かなと思います。

 

25年前に買った200円のぬいぐるみを今でも置いています。

 

それに気づかせてくれたのが高級腕時計を持ち続けた7年でした。

 

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。