WordPress

ブログ初心者がWordPressをインストールしたらやるべき設定

WordPressをインストールしてまずやるべきことと言ったら何でしょうか。

デザインを考えたり、早速記事を投稿したいと思いますが、その前にやるべきことがいくつかあります。その中の一つが初期設定です。

後からでもできそうだからすぐにやらなくてもいいと思いがちですが、ほったらかしにして大変な目に合って苦労しました。

始めたばかりだとピンとこないかもしれないですが、ブログを運営する上で大事なことなので、コンテンツを作成する前にもう一手間、加えましょう。

やるべきこと大きく分けて以下の6つです。

  • 一般設定:サイトタイトルやアドレスなどの基本的な設定
  • 投稿設定:記事や固定ページの投稿に関する設定
  • 表示設定:トップページに表示するコンテンツやRSSフィードに関する設定
  • ディスカッション設定:コメントやピンバックに関する設定
  • メディア設定:画像サイズに関する設定
  • パーマリンク設定:記事や固定ページのURLの表示方法に関する設定

聞きなれないこともあるかもしれませんが、本当に大事なことなのでじっくり読んでみてください。

一見やることは多いですが、実際にやってみると簡単なので、サクサクいきましょう。

一般設定

一般設定では、サイトの管理に関する以下の5つの設定を行うことができます。

  • サイトタイトルとキャッチフレーズ
  • WordPress アドレスとサイトアドレス
  • メールアドレス
  • メンバーシップ
  • サイトのタイムゾーン

一般設定の画面へのアクセス

WordPress にログインして左メニューの一番下の「設定」にカーソルを合わせたら表示される「一般」をクリックすると一般設定の画面にアクセスすることができます。

サイトタイトルとキャッチフレーズの設定 

まずは、サイトのタイトルとキャッチフレーズの設定をしていきます。

サイト名にあなたが魂を込めたタイトルをつけましょう。インストール時につけたものから変更しても問題ありません。

解説していきます。

サイトタイトルをつける

タイトルがまだ決まっていなければ、一度考えてみてください。

サイトタイトルは非常に重要です。記事だけでなく、タイトルも検索エンジンの検索結果に表示されるようになるからです。

これはブログを運営する上で全てのことに通じますが、あなたが好きで、読者も好きなタイトル(検索の結果に表示される)を意識して考えてみてください。

後で変えることはできますが、せっかく有名になってからサイトタイトルを変えるとSEO的には非常にもったいです。有名になった時の想像をして、長くあなたが愛し、読者に愛されるタイトルにしましょう。

キャッチフレーズ

 

色々な意見がありますが、キャッチフレーズの部分を空白にしておくことをオススメします。

説明すると本題から外れるので、さらっと説明します。基本的にはキャッチフレーズに入力した文字はメタディスクリプション(以下メタタグ)として扱われます。しかし、使用するテンプレートによっては、このキャッチフレーズに入力したテキストが、タイトルタグで囲われたり、見出しタグ(h2タグ)で囲われることがあります。興味があればHTMLで調べてみてください。

SEO対策上、メタタグやh2タグを同時に使っても不利になっても有利にはならないと言われています。

ということで、ここではあえて空白にしておきます。

WordPressアドレス・サイトアドレスの設定

次にアドレスの設定をしす。

設定するアドレスは、WordPress アドレス・サイトアドレスの2つがあります。

WordPress アドレスはインストールしたWordPressファイルを保存しているアドレスのことで、サイトアドレスはサイトを表示するURLのことです。通常、両方同じアドレスにしていされています。

注意点として、エックスサーバーなどのレンタルサーバーでインストールした場合、WordPress アドレスがhttp://○○○.com/wp/ になっている場合があります。その場合、サイトアドレスを、http://○○○.com/に設定してください。

メールアドレスの設定

どんどんいきましょう。メールアドレスの設定です。

コメントやお知らせがしていしたアドレスに来ます。始めたばかりでブログ用のアドレスを持っていなければ、普段利用しているメールアドレスにしていするのが良いでしょう。

普段使わないアドレスで登録してたら、忘れた頃に仕事の依頼が来ていたと気づくなんということも…

メンバーシップの設定

WordPress は、複数のユーザーが記事を更新したり、編集したりすることができます。そのために、それぞれのログインユーザーに個別の ID やパスワードを発行するなどのユーザー管理機能が付いています。

個人で運営していくなら関係ありませんが、団体で運営していく場合、例えば友人やライターに記事の更新を頼んだり、デザイナーに全体のデザインを任せている場合などそれぞれに権限を設定できるのがこの設定です。

ここのメンバーシップのチェックボックスにチェックを入れると、管理者以外の人間でも新規ユーザーを追加することができるようになる。しかし、ここはサイトのセキュリティのことを考えて、チェックを外しておきましょう。

俺が始めた頃、誤ってここをチャックしたままにして、気づいたら大量の知らない外国人の権限者で溢れかえっていたという悪夢を見ています。

新規ユーザーのデフォルト権限グループについては、ユーザーを追加する時に選べるので、そのままで問題ありません。

タイムゾーン・日時の設定

続いて、時間設定・日時表示などの設定です。

日本語版のWordPressをインストールした場合は、日本用にセットされているので特に触らなくて良いですが、海外の特定の国に向けて発信したい場合は、現地に合わせてください。

変更を保存して、一般設定は完了です。

投稿設定

投稿設定では、記事投稿や固定ページの投稿に関する設定をすることができます。

ブログを始めたばかりだとしたら、ここは重要なとこをはありません。

  • メール投稿の設定
  • 更新情報サービスの設定

一般設定に比べると絶対にやるべき設定はありませんが、慣れてきたら便利になるかもしれないので、さらっと見ていきましょう。

投稿設定画面へのアクセス方法

WordPress 管理画面の左メニューから「設定 投稿設定」の順でクリックすると、投稿設定の画面にアクセスすることができます。

投稿フォーマットの設定

デフォルトのままで問題ありません。

メールでの投稿の設定

この設定をしておけば、メールを使って記事投稿をすることができます。

パソコンが使えない環境の時にメモ帳に記事を書き溜めておくことがありますが、メモをそのままコピペしてアップすることができます。

更新情報サービスの設定 

ブログランキングなどのサイトに登録している場合、指定したURLに更新を通知できます。

ランキングサイト内でコミュニティがあり、コミュニティ内の相互効果で認知度が上がりやすくなるなどのメリットがあるので登録している人はいます。あなたがブログを始めたばかりでこの設定をしている最中であれば、すでに更新を通知する先があるのは考えにくいので、ここは「こういう設定もできる」と頭の片隅に入れておく程度で良いと思いでしょう、

表示設定

表示設定では、サイトのトップページに表示するコンテンツの内容を固定したり、RSSサービスに関する設定ができます。

ここでできる設定が

  • ホームページの表示
  • 1ページに表示できる最大投稿数の設定
  • RSS/Atom フィードの表示数の設定
  • 検索エンジンでの表示の設定

ですが、設定によって見栄えが変わるので、お好みで設定していきましょう。

表示設定画面へのアクセス方法

WordPress 管理画面の左メニューより「設定 表示設定」の順でクリックすると、表示設定の画面にアクセスするころができる。

早速見ていこう。

ホームページの表示

ここでは、トップページに表示するコンテンツを設定することができます。 

ホームページの表示を「最新の投稿」にしていると、サイトのトップページには最新の記事が複数表示されるようになります。その下の「固定ページ」にチェックを入れると、トップページに表示する内容を、指定したページに固定することができます。

読者があなたのサイトに訪れた時に、プロフィールやサイトのテーマ、最初に読んでほしい記事など、まず知ってほしい情報を固定したい時に使うと便利です。

ただ、この固定ページは使うテーマによってデザインが大きく変わるので、自分にあったテーマを決めてから設定しても良いでしょう。

1ページに表示する最大投稿数

お好みで決めて問題ありませんが、表示する件数によって見栄えが変わる点、表示件数が多すぎるとサイトの読み込み速度が低下してしまう点を考えると、8~14程度にしておくことをオススメします。

RSS/Atom フィードに関する設定

フィードは、記事を公開した時に自動的に登録者に通知してくれる機能のことです。

フィード機能は元々Wordpressに備わっていますが、便利な外部サービスがあるのでそちらを設定することをオススメします。

ここでは特に設定しなくても問題ありません。

検索エンジンでの表示

ここではサイトのインデックスに関する設定を行うことができます。

インデックスに関しては、サイトを検索結果の上位にあげるために非常に大事な要素です。

簡単に説明しておくと、googleが、あなたが更新したコンテンツに対して評価をして、検索結果にあげる準備段階にすることをインデックスと言います。興味があれば是非調べてみてください。

ここのボックスにチェックをいれると、サイト全体に noindex が設定されます。つまり、検索結果に上げるのを止めることができます。

この機能をうまく使うと、戦略的にサイトの価値を上げられるのですが、扱いは簡単ではありません。

これからブログを始めて記事を更新し続けていく中で、まずは検索流入を増やしていくことがモチベーションにつながると考えるので、個人的にはここはそのままにするのがベターだと思います。

WordPressでサイトを作っている途中で、どうしてもまだ公にしたくなければ、チェックを入れてください。

ディスカッション設定

ディスカッション設定では、主にコメントに対する管理方法を設定することができます。

具体的には以下の4つです。

  • 投稿のデフォルト設定
  • 他のコメントの設定
  • 自分宛のメール通知
  • コメント表示条件
  • コメントモデレーション

ディスカッション設定画面へのアクセス方法

まず WordPress 管理画面の左メニューより「設定 ディスカッション」の順でクリックすると、ディスカッション設定のページにアクセスすることができる。

投稿のデフォルト設定

ここでは、あなたの記事から他のサイトにリンクを貼ったり、逆に他のサイトからリンクを貼られたりした時の、通知に関する設定を行うことができます。

基本的にはチェックを入れたままで良いです。

WordPressで作られたサイト同士について、自分のサイトに他のサイトのリンクを貼ったり、他のサイトから自分のサイトにリンクを貼られる時の通知をピンバックを呼びます。

相手から届いたピンバックの許可や拒否は、コメントページから行うことができますが、その時に、あなたが許可すれば相互リンクしたことになります。ブログを始めたばかりの時は検索流入があまり見込めないので、他のブログの運営者に自分のサイトを紹介してもらったり、逆に相手を紹介することでつながりができることもあるので、どんどん活用していきたいところです。

他のコメント設定

コメントを設定する人、しない人は分かれるところなので、お好みでどうぞ。

もし入れるなら、迷惑なコメント、荒らしを防ぐためにも名前とメールアドレスは入力必須にしましょう。

コメント

良くも悪くも、コメントしてくれる読者は貴重です。

デフォルトでは、5回のやり取りまでが階層形式で表示されるようになっていますが、これは、スレッド形式に誰が最初にコメントして、誰がそのコメントに返信しているのかが分かりやすくなります。

それ以外の項目お好みですが、特にチェックを入れる必要はありません。

自分宛のメール通知

コメントがついた時にメールで通知するかどうかの設定も行うことができます。

これらのボックスにチェックを入れておけば、読者がコメントした時に、設定したメールアドレス宛に通知が届くようになります。個人的にですが、コメント通知が多すぎて更新作業に支障がきたすまでは通知をオンにしておいていいと思います。

コメント

ブログをはじめた頃は誰からも反応がない暗闇の中を出口をめがけて彷徨い続ける感覚です。

わずかでも誰かからの反応という光があるとないでは、モチベーションが全然違います…!!

コメント表示条件

読者がコメントした時に、コメントを自動承認にするか手動承認にするかの設定ができます。

基本的にスパム対策としての設定です。コメント毎に承認を必須にするかどうかは、各々の判断だと思います。

コメントモデレーションとコメントブラックリスト 

指定した文字を含むコメントは投稿される前にチェックすることをモデレーションと言います。

このコメントモデレーションとコメントブラックリストに関しては、プラグインでより良いものがあるので、ここでは特に設定する必要はありません。

アバターの設定

アバターとはコメント欄に表示される画像のことです。

ここでは、そのアバターの表示に関する設定を行うことができます。

個人的にはGravatarというサービスがオススメです。

あなたが読者のコメントに返信する時に、その返信文にあなたの顔写真を表示させられます。ブログだけでなくSNSを利用すると感じると思いますが、「自分自身」を表すことは信頼を築くのに非常に大切なポイントです。特にブログは頻繁に発信者と受信者が直接顔を合わせるものではないので、できるだけ自分のことを認知してもらうようにしましょう。

ちなみに顔写真には抵抗があるという人は、オリジナルのキャラクターを作って自身の代わりにするという方法もあります。

自分以外のキャラクターがいると何かと便利なので、これを機に作ってみてもいいかもしれません。

メディア設定

もう一息です。

メディア設定では、WordPress の記事や固定ページに画像を表示する際に、それぞれの画像のサイズを指定するための機能です。

WordPressの左メニューから「設定 メディア」の順でクリックするとメディア設定画面にアクセスすることができます。

サムネイル画像のサイズ、中程度の画像のサイズ、大きな画像のサイズを指定しておきましょう。

サイズはやりながら自身のサイトに合うサイズを探してみてください。俺は大きいもので1980×1080ピクセルに指定しています。

画像サイズを指定すると、記事や固定ページに画像をアップロードする時に、その表示サイズを、ここで設定したものの中から選べるようになります。

パーマリンク設定

最後に、パーマリンクの設定です。

ここでは、ひとつひとつのページのURLをどのように表示するかを指定することができます。

長くブログを続けている人でも気にしない人は気にしませんが、実は非常に大事な設定です。

SEOの対策、またブログを移す時に関わってきます。

パーマリンク設定画面へのアクセス方法

WordPress 管理画面の左メニューより「設定 パーマリンク設定」の順でパーマリンク設定画面へアクセスすることができる。

パーマリンクの設定方法

カスタム構造にチェックを入れましょう。

デフォルトでは/%year%/%monthnum%/%day%/%postname%/と入っていますが、” /%postname% ” だけ残しましょう。

こうすることにより、ページの編集画面で、下図のように、それぞれにあなたが指定した固有のパーマリンクを設定できるようになります。

先にも述べましたが、個別にパーマリンクを指定する頃でSEO上有利になります。

まとめ

中にはピンとこないこともあったかもしれませんが、サイトを継続していくうちに設定の意味もわかってくるかと思います。ただ、後々変更すると今までのコンテンツも合わせて変更しなければ統一感が失われてしまう設定もあるので、手間は最初だけだと思って、ぜひ細かく設定してみてください。