オーストラリア

海外でどこでもできる仕事を!ワーホリで役立つ国家資格まとめ

どうも、現在定住地のない宅建士(@wing_log)です。

 

ワーキングホリデービザ(以下ワーホリ)で海外に行って宅建士資格の意味のなさを目の当たりにしたのですが(突き詰めると自分の能力のなさに対して言っているので宅建士全員をディスっているわけではありません)。

 

ではワーホリビザという限られた期間でも使える、海外でも使える国家資格は何か考えてみました。

 

ネットで調べると有利な資格が出てきますが、今回は【オーストラリアを2年間で10都市以上周った私が自分の目で見た、実際に現地で働いている日本人を元に使える資格】をまとめます。

 

ワーホリで役に立たない国家資格

役に立つ国家資格を紹介する前に、ワーホリで持っていっても特に役にたたない国家資格の特徴を紹介します。

あわせて読みたい
宅建士は海外で役に立たない?ワーホリで役に立ちにくい国家資格と活かす方法宅建士の私がワーホリに行って感じた、ワーホリで役に立たない国家資格と、国家資格を活かす方法を考えました。...

ワーホリで持っていっても特に役にたたない国家資格では、

・難関国家資格ほどワーホリで役に立ちにくい。

・難関国家資格がワーホリに役に立たない理由は

  1. 1年という限られた時間の中で資格を生かしきれない。
  2. 高度なコミュニケーション力を必要とする仕事なので、業務以前に高い語学力が要求される。
  3. 成果を出すまでに時間がかかりすぎる。

としています。

ワーホリで役立つ資格

ワーホリで役に立ちづらい資格から考察すると、

  1. 時間をかけなくても資格を生かせる=経験があれば場所に関わらずこなせる。
  2. 語学力に完全に依存しない。手や足を使う時間が多い仕事。
  3. 成果を出すのに時間がかからない。

ことが条件です。その条件に当てはまるであろう仕事で、実際にオーストラリアの現地で活躍している日本人がいる仕事が、以下の仕事と資格です。

 

調理師

オーストラリアではアジア料理が人気になってきていて、特にスシを始め日本食の人気は高いです。語学学校でコックのコースを受講しながらジャパニーズレストランで働いて永住権を狙う人もいます。

 

美容師

オーストラリアの美容院で働く美容師、それから友達の髪を切ることから始め、個人でフリーに活動する元美容師の人を見かけることがあります。

オーストラリアで働いている日本人美容師に話を聞いたことがあるのですが、日本人の美容師のレベルは高く、またアジア人の毛の質も硬くうまく切りにくいので、アジア人美容師は重宝されると言っていました。

 

旅行業務

ワーホリビザでオーストラリアに来て、面接をして旅行業務で旅行業務資格持っていてビジネスビザを取った人がいます。海外でも「日本人向け」の仕事はありますが、オーストラリア観光大国なので旅行業務資格を持っていると就職に有利になる可能性があります。

 

自動車整備士

オーストラリアでの日本のカーブランドの知名度は高く、日本といえば車、車といえば日本と言ってくれるローカルの人もいます。

 

日本人は手先が器用と知られていて、私たちが普通に行なっていることも現地の人には「日本人は細かい作業が得意なんだね」と言われます。日本人で車の整備工場で働いている人もいるので、仕事に経験があれば現地で働くチャンスは十分にあります。

 

航空整備士

一人だけ私の知り合いで、オーストラリアの航空会社に入って飛行場で整備士をしている人がいます。未経験でこの仕事に就くのは非常に難しいですが、入れれば安定した仕事です。

ビジネスビザにもつながる可能性が十分にある仕事と言えるでしょう。

 

歯科衛生士

歯科衛生士は専門的な英単語が多く、高度な語学力が求められますが、給料は高く、就職できれば長く働ける仕事です。

ゴールドコースト、ケアンズあたりは永住している日本人も多く、顧客にアジア人が来る歯科医院も存在します。そう言ったところに就職できれば重宝されるでしょう。

 

ワーホリで役立つ国家資格まとめ

ワーホリで海外でも役立つ国家資格のまとめでした。

海外でも役に立つ国家資格

・時間をかけなくても資格を生かせる=経験があれば場所に関わらずこなせる。

・語学力に完全に依存しない。手や足を使う時間が多い仕事。

・成果を出すのに時間がかからない。

「英語が最低限話せればできる=だから就職するのが簡単」と言っているわけでは決してないので悪しからず。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。