YMSで就職が不安な人に読んでほしい、イギリスで仕事を得やすい人の特徴

How’s it going? 私(@wing_log)です。

YMS を利用して渡英した人はでイギリスで仕事を探すことから始めると思いますが、実際には言葉の壁や文化の違いにより希望の仕事ができないと思うことがあるでしょう。

そんな心配を払拭するために、イギリス現地の就職エージェントに【YMS 利用者で仕事を見つけやすい人の特徴】を聞いてみました。

 

YMSで仕事を得やすい人

☑️ まずYMS利用者にとって、イギリスでの就職はチャンスが少ないことを理解する。

☑️ YMS 利用者の就職活動では、希望する職種がない場合もある。未経験でも挑戦する人が結果を出すのも早い。

☑️ YMS の就労状況は、ビザの残存を重視される。英語のレベルを上げることに時間をかけず、ビザの残りが長いうちに動ける人が有利。

☑️ YMS 利用者の就職活動はスピード感がある。行動量を多く、レスポンス早く行動する人は採用担当にも好かれやすい。

☑️ YMS の就職活動では、柔軟で前向きな人にチャンスが転がってくる。

YMS を利用して仕事を探している人の現状の理解をして、少ないチャンスを掴み取る必要があります。詳しくご説明していきますので、参考にしてみてください。

ちなみにもうすでになんらかのコネクションがあったり、テンポラリージョブと呼ばれるアルバイトで良いという方、お金は気にしておらず、YMS ビザは旅をするために取ったという方に関しては参考にならないと思いますので、あらかじめご了承ください。

 

YMS で就職をするために理解しておくこと

まず、我々YMS ビザを利用して渡英する人たちがおかれている就労状況を知りましょう。

YMSビザで渡英する人たちにとって言葉の壁や文化の違い等で日本に比べると、仕事の選択肢も狭くなってしまうのが現状です。

また、イギリス現地に来て体感していますが、イギリスではビザの残存日数がかなり重視されます。よって同じ日本人で、同じようなパフォーマンスをしたとしても、永住権やビザサポートされているライバルが優先されることを理解してください。

これまであなたが就労されてきた業種や業界のポジションも少ないかもしれません。

参考までに、私が10月に渡英して、一社の就職エージェントに紹介された案件数は4件です。

しかし、皆同じ状況で、未経験の業界や職種にチャレンジしています。YMS ビザ利用者でも仕事が速やかに見つけられている人の傾向は以下があげられます。

 

YMSで就職しやすい人の特徴.1
未経験の仕事でも挑戦してみる人

Job description の requirement 等の募集要項を読むと、未経験の業種や業界の仕事が多く、自分でも大丈夫かと引いてしまうかもしれません。しかし経験の有無や想像できない分野の仕事でも半分は無視してとりあえずはトライしましょう。

日本の就職、転職に比べると圧倒的にチャンスは少なく、スピード感があります。自身の選択肢を増やす為に、応募するかしないかで悩むよりかは、応募した後に悩むようにしましょう。内定が出た後でも断ることは可能です。

 

YMSで就職しやすい人の特徴.2
英語ができなくても気にしない人

英語が苦手な場合、しっかりとした日本語の職務経歴書があれば、面接までこぎつけることができるケースがあるので、日本語の履歴書と職務経歴書も用意しておきましょう。

また、どの募集要件にも「ビジネス英語ができるレベル」と書いてありますが、「ビジネス英語」の判断が難しく、そのレベルに達していなくとも働いている人でも働いています。実際にエージェントに基準のレベルを確認しましたが、返答に困っていました。

語学学校に通って卒業してから働き出そうと思ってもビザが1年6ヶ月を切っていてオフィスジョブを見つけにくくなるということがあり得ますので、チャンスがあるなら積極的に行動すべきです。

詳しくは「YMSで仕事をするなら渡英前に知っておくべきこと」に書いていますので、ご参考ください。

あわせて読みたい
渡英にオススメの時期は3月か9月?YMSで仕事を探すなら事前に知っておくべき心構えYMSビザを利用して渡英する人は、準備をしておかないと仕事に就くまでに苦労します。ここでは、日本にいる間に知っておくべき心構えをまとめました。...

 

YMSで就職しやすい人の特徴.3
スピード感のある人

応募が1日ずれるだけで選考漏れになるケースもあります。

電話及びメール等でスピーディーにかつ、何事も同時進行で行動するように心掛けましょう。

どの案件もスピード勝負的なところがあり、面接の設定の際に素早いレスポンスがない場合は、後回しになり保留になってしまうケースや波に乗れなくなってしますケースがしばしばあります。面説の日時はできる限り、企業さんのご都合に合わせるように努めましょう。

 

YMSで就職しやすい人の特徴.4
前向きに活動できる人

イギリスでの就職活動はスピード重視であり、特に企業説明会を受けずに面接に進んだり、時期によっては限られた数の会社に応募するために自信が希望していないポジションの会社を受けることもあり得ます。

もし会社の雰囲気やポジションに興味がなくても、面接の場ではポジティブな態度で臨むことをお勧めします。

あなたの人柄が認められて採用に至れば、ポジションの変更の打診ができる可能性があります。採用を勝ち取れば自信にもつながり、海外での面接にも慣れるでしょう。

 

YMSでの就職が不安な人に読んでほしい、イギリスで仕事を得やすい人の特徴まとめ

今回はYMSでの就職が不安な人に、仕事を早々に得やすい人の特徴をお伝えしました。

YMSで仕事を得やすい人

☑️ まずYMS利用者にとって、イギリスでの就職はチャンスが少ないことを理解する。

☑️ YMS 利用者の就職活動では、希望する職種がない場合もある。未経験でも挑戦する人が結果を出すのも早い。

☑️ YMS の就労状況は、ビザの残存を重視される。英語のレベルを上げることに時間をかけず、ビザの残りが長いうちに動ける人が有利。

☑️ YMS 利用者の就職活動はスピード感がある。行動量を多く、レスポンス早く行動する人は採用担当にも好かれやすい。

☑️ YMS の就職活動では、柔軟で前向きな人にチャンスが転がってくる。

上記のように英語力よりも、ビザの残存が長いうちにどんどん応募する行動力と、柔軟性があり、前向き思考のフットワークの軽い人材が企業から好まれます。

 

 YMSを検討するなら留学エージェントに相談してみよう

イギリスの生活に少しでも不安な気持ちがあれば、YMSを利用する前留学エージェントへ相談してみることをおすすめします。イギリスに限らずワーホリ提携国の各国の特徴やお悩みの相談を無料で受けてくれます。

特に、留学ワーキングホリデーサポート【Global Dive】では、面白いプランがあり、

・現在十分な貯蓄がない。

・海外で通用する語学力がない。

に向けて、Global Diveの姉妹サービスである、リゾート地でのホテル・旅館での住み込みのお仕事紹介サービス(リゾートバイト)と連携し、お金を貯めながら、英語を学びながら働き、留学やワーホリに向かうと言うプログラムがあります。

このプログラブは現在Global Diveでしか採用されていないプログラムです。興味がある方は聞いてみてはいかがでしょうか。

 

Global Dive に無料相談する


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あわせて読みたい
YMSビザはワーキングホリデーと完全に違う。YMSでイギリスに来る人の仕事の実情ワーキングホリデーの感覚でYMSビザでイギリスに来ると、思ったよりも就職するのに苦労したり、仕事に追われる毎日でイメージと違うという声を聞きます。YMSでイギリスに来る人の実情をシェアします。...